全身をシェービングする女性
脱毛に通う際、事前にシェービングが必要だって知ってますか? シェービング、つまり、体毛を剃っておくわけです。

もし、シェービングしないまま施術をしてしまうと脱毛機からのレーザー(光)が毛根に届かず分散されてしまうため、思うように脱毛効果が得られません。

かと言って、全身のシェービングとなるとなかなか大変です。全身脱毛のシェービングは、どのように・どれぐらいおこなえばいいのでしょうか?

シェービングすべき場所・そのままでいい場所

基本的には、全身脱毛をするなら、全身のシェービングが必要です。ただ、自分ではシェービングしにくい場所もありますよね?

  • うなじ
  • 背中
  • おしり
  • Iライン&Oライン

手さぐりでシェービングするのも非常に怖いですし、かと言って、彼氏や家族に剃ってもらう、というのもなんか恥ずかしい。

全身脱毛の際のシェービングは、脱毛するお店によって大きく三つに分かれます。

施術時にシェービングしてくれる店

主にクリニックでは、剃毛代を支払えばシェービングはやってくれるところも多いです。また、剃毛代が無料のところもあります。

一切シェービングを助けてくれない店

シェービングを施術時にやろうと思うとそれだけ時間もかかりますし、また、衛生面での心配もあるとかで、お店では一切シェービングをしていない、というところもあります。しかし、全身脱毛をする以上、一切シェービングしてくれないというのはいかがなものか……。わたしなら契約しない。

難しいところだけシェービングしてくれる店

基本は「全部自分でシェービング」と言われるものの、「どうしても手が届かない場所に関してはシェービングしてくれる」というパターンで、エステサロンに多いです。専用のシェーバーを購入しなければならない店もあれば、手持ちのシェーバーを持参すればOKというところもあるので、事前に確認しておきましょう。

シェーバーはお店のものを使ってくれるところもありますが、持参が必要なところも多いです。持参する場合、カミソリではなく電気シェーバーを用意してくださいね。

正しい方法でシェービングしよう

シェービングが正しい方法でできていないと、肌を傷めてしまう恐れがあります。では、正しいシェービングって何でしょう?

答えは、「電気シェーバーで前日に剃る」です。

体毛を剃る道具としてはカミソリと、電気シェーバーの2種類になります。普段の自己処理のことを考えれば、キレイに仕上がるのはカミソリですよね。でも、カミソリって深剃りできる分、肌の表面まで削ってしまうと言いますか、肌表面を傷めてしまうリスクも高いんですよ。

脱毛前のシェービングは、肌をキレイに仕上げることが目的なのではありません! 脱毛の効果を最大限に発揮することが目的なので、脱毛の効果を邪魔する「肌の乾燥」や「肌荒れ」は全力で防ぎましょう。

電気シェーバーは、女性用のものが売られていますし、価格も2,000~3,000円程度と手ごろです。カミソリの方がそりゃ断然安いですし、肌が強い人なら案外平気だったりするのですが、それでも避けた方が無難です。

また、剃るタイミングとしては前日の夜がおすすめ。

あまり早くに剃ってしまうとまた体毛が伸びてきてしまいますし、当日の朝などギリギリになると、時間がなくって焦って剃り残してしまったり、いくら電気シェーバーが安全だとは言え、うっかり皮膚をひっかけてしまう恐れもあります。

前日の夜、できれば肌が柔らかくなっている「お風呂あがり」に、電気シェーバーでゆっくりお手入れしておきましょう。

部位ごとにシェーバーを使い分け!

全身脱毛と言っても含まれる範囲はお店によっても違いますが、シェーバーは部位ごとに使い分けるのがおすすめです。

だいたいの部位については、ボディ用の電気シェーバーで問題なく剃れますが、以下の部位に関しては別のシェーバーを使った方がいいでしょう。

顔用シェーバー

>>顔やVIOはこのシェーバーで!

顔、甲、指

いずれも、ボディ用のシェーバーでは小回りが利かずに剃りにくいです。顔用の小さなシェーバーなら、顔だけでなく手足の指や甲もキレイに剃りやすいですよ。顔用の電気シェーバーは、脱毛していなくても眉毛のお手入れにも便利なので、1本持っておくといいでしょう。

VIO

VIOは、衛生的にも他の部位とは分けた方が無難です。VIOはデリケートな場所なので、ちょっとしたことで雑菌が広がってしまいがちです。

おすすめは、こちらも顔用の小さな電気シェーバー。もちろん、顔用のものとは別に、VIO用として用意してください。
VIO用の小型電気シェーバーもありますが、わたしは顔用の方が使いやすい

顔用とVIO用と電気シェーバーを用意する場合は、入れ替わってしまわないように、色を変えたりシールを貼るなどして、区別できるようにしてくださいね。

電気シェーバーは、脱毛の施術時にも持参することがありますから、ちゃんとしたものを揃えておくことをおすすめします。カミソリではお店でのシェービングに対応してもらえませんし、長く使うものなので、ぜひとも準備しておきましょう!