陰部を隠す女性
VIO脱毛をしようにも、それ以前に「陰部トラブル」を抱えていては、脱毛どころではありません。

「あのー……陰部に原因不明のぶつぶつがあるんですが……(ーー;)」

という人は、まずはそちらを解決してから脱毛を始めましょう! ここでは、陰部(女性器)に現れるさまざまな「ぶつぶつ」に関して解説していきます。

かゆくない「ぶつぶつ」

まず、かゆみを感じないぶつぶつについてみていきます。

膣前庭乳頭症(ちつぜんていにゅうとうしょう)

膣の入り口付近、小陰唇の内側あたりにできるぶつぶつです。小さく細かいぶつぶつが、密集して発生します。
たまに、痛みやかゆみを感じることもあります。
ただ、これは病気ではなく体質のようなもので、治療の必要もありません。判断に迷う場合は、専門医に判断してもらいましょう。

尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ)※尖圭コンジロームとも言う

ヒトパピローマウィルスによる性感染症です。痛みやかゆみは基本的にありません。(むずがゆさを感じる人もいます)放っておくとカリフラワー状のいぼになります。

性感染症なので治療が必要で、薬物治療をおこなうほか、切除が必要な場合もあります。

その他のぶつぶつ

かゆみや痛みのないぶつぶつは、病気ではないものが多いです。膣前庭乳頭症の場合もあれば、皮膚のシワや陰唇の凹凸などもともとの体質・肌質が原因のぶつぶつだったりします。このようなぶつぶつは治療の必要はなく、誰かにうつるというものではないので、安心してください。

もちろん、尖圭コンジローマの疑いもありますから、念のため受診することをおすすめします。

かゆい「ぶつぶつ」

次に、かゆみのあるぶつぶつについて、みていきましょう。

性器ヘルペス

性感染症で、激しいかゆみを伴います。膣の入り口やおしりの方に症状が現れることも。ぶつぶつの正体は水ぶくれで、放っておくと子宮頸管・膀胱など体の内部にまで感染が広がってしまうので、我慢せずにすぐに治療しましょう。

ただ、口唇ヘルペスと同じように、再発性の高い病気なのが難点です。体調やストレスによって再発しやすいと言われているので、かかりつけのお医者さんを持って、症状がでたらすぐに治療するようにしましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛穴にブドウ球菌が入り込んで起こる皮膚の病気です。毛穴がかゆく、盛りあがったようにぶつぶつします。赤みをともなうのも特徴です。

清潔にしていれば特に治療をしなくても落ち着いていきますが、慢性化したり悪化する場合は受診が必要。炎症を抑える薬で治療していきます。

※自己処理が原因で起こりやすいので気を付けてください!!

不安な「ぶつぶつ」はお医者さんに診てもらおう!

病院で陰部の診察
かゆみのあるぶつぶつは、基本的には皮膚の病気なので病院に行くべきです。一方、かゆみを感じないぶつぶつに関しては、体質や肌質の問題であることも多いので、治療の必要が無いケースも多々あります。

ただ、治療の必要が無いぶつぶつかどうかは、素人には判断しにくいですよね。過去に受診経験が無い人は、一度お医者さんに診てもらい、診断してもらった方がいいでしょう。
(すでに、お医者さんに診断してもらったことがあって原因が分かっているなら行かなくても大丈夫です)

病院に行く場合は・・・

  • 婦人科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科

のいずれかになります。どの診療科でもいいです。何科かどうかを気にするよりも、お医者さんの評判を気にした方がいいでしょう(※ぶつぶつの種類は多いので、プロでも誤診してしまうことがあるそうです)。

あえておすすめを言うなら、婦人科に行くのがおすすめです。婦人科ならもともとかかりつけのクリニックがあるという人も多いですし、安心して受診できます。また、かかりつけの婦人科が無い人は、これを機にかかりつけのクリニックを決めるのもいいでしょう。かかりつけの婦人科があれば、生理不順の相談や妊活の相談など、女性の性に関する相談をしやすくなりますよ。

ぶつぶつがあると脱毛はできない?

ぶつぶつについて悩む女性
陰部にぶつぶつがあっても、それが病気でないなら脱毛の施術は受けられます。性器ヘルペスなど、感染する皮膚の病気の場合は必ず治療してから脱毛に行くようにしてください。

ただ、害のないぶつぶつであっても、なにも言わなければ施術者を怖がらせてしまうことになりますし、場合によっては施術そのものを断わられてしまう可能性もあります。あらかじめ「陰部にぶつぶつがあるけど、これは害のないものです」と伝えておくようにしましょう。

余談ですが、害のないぶつぶつを、彼氏や夫に「性病では?」と疑われてしまうこともあるそうです。その場合は、一緒にかかりつけの病院に付いてきてもらい、診断内容を聞いてもらうのが確実ですよ。あらぬ疑いをかけられそうになったら、このことを思いだしてくださいね。

陰部にぶつぶつがあっても、友達にも相談しにくいですし、一人で悩んで結果的に放置してしまっている人もいます。でも、放置しているとさらに悪化して皮膚を傷めてしまい、脱毛ができないどころか皮膚に跡が残ったり内臓にまで感染が広がるなど危険なこともあるので、早めに病院で診察してもらうようにしましょう。

陰部(アンダーヘア)の脱毛を考えている方へ

エステのVIO脱毛

陰部(VIO)のエステ脱毛

「できるだけコストを抑えてVIO脱毛したい」という方に最適なエステサロン。通い始めると、たくさんの女性がアンダーヘアを脱毛していることにびっくりするハズ♪

>>詳しい内容はコチラ

VIOの医療脱毛

陰部(VIO)の医療脱毛

「クリニックのVIO脱毛は高い!」という今までの常識を変えたクリニック。VIOの月額コースなら、22回払いで最初の負担を大きく減らすことができます(*^_^*)

>>詳しい内容はコチラ