VIOを隠す女性
脱毛に通うなら、事前のシェービングは必須です。しかし、ワキや脚ならまだしも、アンダーヘアなんて自分で処理したことが無いという人も多いのではないでしょうか?

そこで、ここではアンダーヘア(VIO)の脱毛をする方のために、事前シェービングについて徹底的に解説してまいりますよ!

肌に負担をかけないことを最優先に!

あなたは、これまでに自己処理によって肌を傷めつけてきませんでしたか?

「水着からはみ出さないように毛抜きで抜く」、「除毛クリームを塗りたくって処理する」、「毎日カミソリで剃る」などなど……いずれも肌に負担をかける処理法です。このほか、ブラジリアンワックスを日常的に使う、脱毛テープでベリッとやる、なんていうのも良くないですね。

脱毛前のシェービングで肌を傷つけてしまうと、脱毛の効果が得られないばかりか、施術を断わられてしまうことすらあるんです。たとえば肌が赤く腫れていたり、カミソリ負けして肌荒れしていたりすると、脱毛の施術はできません。

「シェービング」なので、除毛クリームを使ったり、ワックスや毛抜きで抜くというのはもってのほか!
そして、カミソリで剃るというのも、おすすめできない方法なんです。

VIOのシェービングは優しく!

専用シェーバーで優しくシェービング♪

「お風呂に入ったときにカミソリで剃ればいいんでしょ?」

そう思っていませんか?

入浴ついでにカミソリで……という処理法は、実はおすすめできません。

入浴中なら皮膚も温められて柔らかくなっているので剃りやすいのですが、反面、浴室は雑菌も多いので、肌荒れの原因になりやすいのです。脱毛前のシェービングは、「仕上がりのキレイさ」よりも「肌への安全性」を重視してください。

人気の顔用シェーバー

おすすめは、電気シェーバーで剃ることです!

上の画像の商品が今、人気の顔用シェーバーです。

ネット通販でも、デリケートゾーン向けのシェーバーが販売されています。普通の電気シェーバーだと少し大きくて細かいところが剃りにくいので、デリケートゾーン専用のシェーバーを購入するか、もしくは顔用のシェーバーをデリケートゾーン専用として新たに準備しましょう(顔用のシェーバーも、2千円~3千円ぐらいで売ってます)。

わたしは顔用のシェーバーをおすすめします。とってもコンパクトなので、Iラインも剃りやすいですよ。

>>顔用とVIO用に2つ常備しよう!<<

電気シェーバーだと、カミソリみたいにキレイには剃れませんが、肌への負担は最小限に抑えられるので、脱毛施術を断わられる、なんていうことも防げます!

1~2日前にシェービングを済ませよう!

VIOはデリケートな部分なので、電気シェーバーを使っていても人によっては肌に赤味が出てしまうことがあります。肌がベストコンディションになっていないと施術してもらえなかったり、痛みを感じやすくなることもあるので気を付けてください。

それを踏まえてシェービングするとしたら、施術日の前日もしくは前々日におこなうのが理想です(あまり早いとすぐに伸びてきちゃうので)。

当日のシェービングは極力避けるようにしてください。

基本的には前日でOKですが、肌が弱い人は前々日にシェービングを済ませた方がしっかり肌が落ち着くので安心して施術が受けられますよ。

また、肌が柔らかくなっている状態でシェービングした方が肌への負担を抑えられるので、お風呂上りに剃るのがおすすめです。お風呂あがりは体が温まっている分皮膚も柔らかいですし、体を洗ったあとはデリケートゾーンの雑菌も少なく清潔なので、肌荒れも起こしにくいですよ!

IラインとOラインはどうすればいいのか?

IラインとOラインの部位説明
Vラインはまだしも、IラインとOラインって
「どうやって剃るの?」
「てゆーか自分で剃って大丈夫なの?」
と、自己処理することに対する不安を抱えている人が多いと思います。

わたしも、VIOの脱毛をするまで自分でIラインやOラインの処理なんてしたことがなかったので、不安でいっぱいでした。

まず、脱毛の契約をしたエステもしくはクリニックに確認してください!

「IラインやOラインも自分でシェービングするんですか?」と。

お店によっては、IラインやOラインのシェービングは当日にスタッフがやってくれるところもあるんですよ。自分でびくびくしながら処理するより、スタッフにやってもらえるならその方が安心ですよね。剃り残しも無いです。

◎お金を払えばシェービングしてくれる

おもにクリニックに多いスタイルですが、「剃毛代」というのがちゃんと設定されていて、お金を払えば施術前にシェービングしてもらえます。契約時に、剃毛代がいくらなのか、部位ごとにかかるのかどうか、確認しておきましょう。

◎無料でシェービングしてくれる

エステでもクリニックでも基本は自分でシェービングしていくものですが、IラインやOライン、それから背中など、自分で処理しにくい部位に限っては、無料でシェービングしてくれるところもあります。

◎剃り残しがあればシェービングしてくれる

基本的には自分でシェービングしなければなりませんが、多少の剃り残しならスタッフがささっと処理してくれるところもあります。

また、店によって「Iラインは自分で処理が必要だけど、Oラインだけは店でやってくれる」というパターンもあります。

IラインとOラインを自分で処理する方法

まず、Iラインは意外と自分で処理できます。見づらい部分ですが、「他人に見られたらすっごく恥ずかしい体勢」になれば処理できないことはありません。

Iラインのシェービング【パターン1】 いわゆる「ヤンキー座り」をこじらせたような形です。この体勢になるとIラインをのぞきこむことになるので、シェービングしやすいです。パターン2に比べると少し見にくいですが、安定感があるのが特徴です。
Iラインのシェービング【パターン2】 すごくお行儀悪いですが、テーブルなどに片脚を乗せて、のぞきこむ体勢になります。安定感は劣りますが、見やすいと思います。

さらに、Iラインを安全にシェービングする方法としておすすめなのが、「下着をつけたまま剃る」という方法です。下着をつけていることで小陰唇の内側など、「傷つけると相当ヤバイ場所」を守ることができます。

普通に履いたままだと剃れないので、片方を「大事なところを守るように」食い込ませます。これで、Iラインが劇的に剃りやすくなります。
※シェーバーで下着を傷つけてしまう恐れがあるので、勝負下着は使わないでください。

次に、Oラインのシェービングですが、これは難しい( ゚Д゚)

はっきり言って、これはお店でやってもらうべきです。お金を払ってでも!!

「シェービングは一切やってませんッ( `ー´)ノ」という店は避けた方がいいでしょう。

と、ここで終わってしまうと「わたしが契約したエステ、Oラインのシェービングやってくれないんです(;_;)」という人は困ってしまいますので、「なんとかOラインのシェービングをする方法」も紹介しておきます。

Iラインのシェービングのパターン1の体勢になり、床に鏡を置く

これだけです。鏡越しにOラインが見えるので、手さぐりでシェービングするよりは安全ですね。ただ、やはり鏡越しだと直接見るよりはやりにくいですし、無理にシェービングするとたとえ電気シェーバーでも、肛門の皮膚を傷つけてしまうことがあるので、細心の注意を払う必要があります

これからOラインの脱毛をしようと思っている人は、くれぐれもシェービングしてくれない店は避けるようにしてください!

VIOをエステサロンで脱毛するなら・・・

ミュゼ

VIO脱毛のおすすめエステサロン01

Vラインから、ハイジニーナ(VIOラインの脱毛)まで幅広く対応!カウンセリングはテキパキで、予約状況の混雑も以前に比べて改善されています。

>>サービス内容について

TBC

VIO脱毛のおすすめエステサロン02

VIO脱毛(Vライン上、Vライン両サイド、トライアングル、Iライン、Oラインの5か所)がお試しできる珍しいエステサロン。脱毛実績数もダントツ!

>>サービス内容について

VIOをクリニックで脱毛するなら・・・

アリシア

VIO脱毛のおすすめクリニック02

キレイでお高そうな医院なのに、料金面はとてもリーズナブルなクリニック。「5回・8回」コースに加えて、なんと「脱毛し放題」コースもあります♪

>>サービス内容について

リゼ

VIO脱毛のおすすめクリニック01

脱毛の危険性や脱毛後のケアも最初にしっかり説明することをポリシーにしているクリニック。店舗も東京、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡と拡大中(*^^)v

>>サービス内容について