海でビキニ姿の女性
下着からVラインのムダ毛がはみ出ていると恥ずかしいですよね! アンダーヘアは濃くて目立つので、早めに脱毛を済ませておきたいところです。

Vラインの脱毛をすれば「ビキニも自信を持って着られる☆」というメリットがよく強調されますが、はたして本当にビキニを着られるようになるのでしょうか?

実は、ビキニを着られるようになるにはVラインの脱毛をするだけじゃダメなんです。

ビキニを着るために脱毛するのはVラインだけじゃない

ビキニをかっこよく着こなせると、自分に自信も持てますよね。そして、多分男性からもモテます。同性からも羨望のまなざしで見られることでしょう!

でも、Vラインを脱毛しただけでビキニが着られるわけではありません。ビキニを着るなら、ほとんど「全身脱毛」しないといけないと思いませんか?

ビキニというのは、普段着ている服と比べると激しく露出が多いものです。Vラインはもちろんのこと、ワキだって脱毛しなければならないし、腕も、脚も、背中も、うなじも、とにかく水着で隠せない部分はトコトン脱毛しておかないといけない。

胸やおなかあたりはムダ毛が薄いところなので剃るだけでもいいし、剃らなくてもいける女性もけっこういます。腕や脚に関しても、最悪、前日にキレイにシェービングしておけば当日ぐらいは大丈夫でしょう(泊まりの場合は翌日にはアウトですが)。

ただ、背中はいかんともしがたい。だって、自分でシェービングができないから。そのわりに、特にうなじから背中上部にかけては目視できるレベルのムダ毛が生えている女性も少なくありません。わたしも、ビーチでギャルの背中を見てなんとも言えない気持ちになることがあります。

Vラインとワキはとにかく目立つところだから脱毛するのは当然として、背中も脱毛しておいた方がいい部位ではないでしょうか?

また、もう一つ気を付けたいのがVライン全体(トライアングル)とIラインです。ビキニを着ていればトライアングル部分もIラインも隠れているところではありますが、隠しきれていないこともあるんです。

まず、トライアングル部分。たとえ毛自体が隠れていても、毛のボリューム感は隠せません。アンダーヘアのお手入れをまったくしていなくて、かつ毛量が多い人だと、ビキニを着ているとアンダーヘアのボリュームで、ビキニがうっすら盛り上がって見えるんですよ。ちゃんと手入れされていて毛量が少なければ、ペタンとなるところなんです。

ビキニを着ても恥ずかしくない状態にするには、トライアングル部分も毛量を減らさなくてはなりません。カットしてもいいですが、断面がチクチクしてしまうので、毛先を丸くカットできるヒートカッターを使うか、もしくは全体的に脱毛して、毛量を減らしておくのがいいでしょう。わたしも、完全なハイジニーナではなく毛量を減らして薄くしております。

そして、Iライン。Iラインはビキニを着れば隠れるところではありますが、ムダ毛が長いとはみ出してしまっている人もいます。また、もともと生えている範囲が広い方だと、がっつりはみ出すこともあります。Iラインは、自己処理すると危険な部位。だからこそ、脱毛しておいた方が安心ですね。Iラインはけっこうしぶといところなので脱毛するのにも時間はかかりますが、完全になくすことはできなくても薄くする程度ではみ出しを防げることも多いですよ!

またずれ・黒ずみが恥ずかしい!

太もも、またずれを気にする女性
Vラインはキレイに脱毛できていても、内ももの部分の肌が汚ければビキニは着られません。太ももの脂肪が多い方だと特に、またずれが出来ていることも……。もともと肌がデリケートな部分なので、色素沈着を起こして黒ずみになっている人もけっこういます。

またずれを根本的に解決するには、太ももの脂肪を減らすしかありません。がんばってダイエットしましょう……。また、色素沈着を起こしている人の場合は、メラニン色素を還元し、色素沈着が起こりにくい状態にするために保湿を徹底することも大切です。肌荒れを伴っている人は、皮膚科に行った方が有効な対策ができるはずです。

色素沈着の治し方については、こちらを参考にしてくださいね。
ワキの色素沈着を改善する方法

さらに、脱毛をしたい人にはあまりおすすめの方法ではありませんが、手っ取り早い方法としては「日焼けする」という解決法もあります。日焼けすることによって黒ずんでいる部分をごまかすことができるので、即効性のある対処法だと言えるでしょう。ただし、日焼けをすることによってさらに色素沈着が悪化することもありますし、全身脱毛をするなら日焼けしているせいで施術できないこともあるので、あくまでも切羽詰まった人のための対処法であることをお忘れなく……。

基本的には、「色素沈着を改善する」という方向性で対策してくださいね!

ぽっこりお腹とセルライトが恥ずかしい!

お腹の贅肉をつまむ女性
ビキニを着ると、ボディラインはすべてあらわになってしまいます。普段は洋服でごまかしているぽっこりおなかも、太もものセルライトも、すべて見えてしまいます。脱毛してキレイな肌をキープしていても、スタイルが悪ければビキニを着るのは難しいですよね。

もちろん、欧米に目を向ければ、どんな体型の人でもビキニを着ているのでさほど気にすることはありません。本人が楽しければそれでいいのですから。ただ、「かっこよくビキニを着こなしたい!」と思うなら、ある程度スタイルにも気を遣った方がいいのです。

体脂肪を減らすには、ダイエットするしかありません。短期間でのダイエットは難しいですが、3~5kgの減量であれば比較的すぐにできますし、食生活の改善と、適度な運動を続けていきましょう。無茶なダイエットをすると健康を害してしまうため、あくまでも「健康的な食生活と適度な運動」を心掛けてくださいね!

また、セルライトの解消については、エステに行くと「エステに通わないとセルライトは落とせない」なんて言われますが、実際にはちゃんと落ちます。ポイントは、体を温めるようにすること。そういう意味でも、ただ極端に食事量を減らすだけのダイエットでは、かえって体が冷えてセルライトが落ちにくくなるので、適度なダイエットの方が効果的です。

体を温めるには、食事にショウガやトウガラシを取り入れたり適度に運動して血行促進するのも大切。さらに、半身浴や反復浴、リンパマッサージなどでも体を温めることができますよ。

そして、即効性のある方法としては、一時的に糖質制限をするという方法もあります。糖質制限ダイエットはわたしはあまりおすすめしたくないんですが、短期間であれば有効なダイエット法です。というのも、糖分というのは、体内で水分を抱え込む性質があるから。つまり、糖質を抜くことによって、体内で糖質が抱えていた水分が排出されるため、一時的に体重が減り、見た目もすっきりするという効果があるんです。

ビキニを着たい日の前3日間ぐらいは糖質制限をして、体内の余分な水分を追い出してしまいましょう。さらに、前日にリンパマッサージを受けておけば効果は抜群。当日は今より一回り小さく、スタイルのいい状態で迎えることができますよ。

【まとめ】ビキニが着られる体になりたい人がやるべきこと

Vライン以外の脱毛もする

剃っただけではキレイに見えない部分は、Vラインと同時に脱毛しておきましょう。特に、ワキ・背中・Iラインは必須です。

内もものまたずれ・黒ずみを解消しておく

内ももなので見えにくい部分ですが、ちらりと見えた内ももが黒ずんでいたらショックですよね……。

理想のスタイル目指してシェイプアップしておこう

モデルさんのような体型にはなれなくても、今よりマシなボディラインを手に入れておきましょう。

Vラインの脱毛さえすればビキニが着られる、なんていうのは幻想です。ビキニを着られる体になるために、脱毛以外のところにも目を向けて対策をしていきましょう♪