ラヴィアのIラインシェーバーを買ってみました!

ラヴィアのIラインシェーバー商品画像
Iラインのムダ毛を処理するとき、あなたはどのような方法で処理していますか?

Iラインはとてもデリケートな部分なので、普通のカミソリで剃るのはおすすめしません。また、除毛クリームなんて使うのはもってのほか!!

ラヴィアというメーカーが、Iライン専用のシェーバーを扱っています。これがあればIラインのムダ毛処理は安全かつ簡単になります。脱毛前のシェービング用としても、すごく使いやすいですよ!(※カラーは、上のホワイトとは別にピンクもあります)

ラヴィアIラインシェーバーの機能や使い方

機能や付属品、使い方についてまとめておきますね。

軽くてコンパクト、使いやすい

ラヴィアIラインシェーバーは、重量25.7gです。乾電池の重量も合わせると、37.7g、それでも軽いですね。

カバーを外せば35gほどになります。

ちなみに、ラヴィアIラインシェーバーはスイッチを押しているあいだだけ稼働する仕組みです。
指を離すとすぐ止まるので安全ですね。

水洗いOK、お風呂でも使える

ラヴィアIラインシェーバーは、防水加工がされているのでお風呂でも使えます

お風呂でこっそりお手入れしたい人でも使えるのはいいですね。

ただし、本体の水洗いはNGで、お風呂で使う場合も水に浸けたり浴室に放置するのは厳禁です!

刃の部分だけは水洗いできるので、たまにお手入れしてくださいね。

ちなみに、刃の部分は取り外し可能。

ラヴィアIラインシェーバーの刃を取り外す

水洗いはこまめにしなくても、普段は付属の掃除用ブラシで毛を取り除くだけで大丈夫ですよ。

替え刃も売っているので長く使える

ラヴィアIラインシェーバーは、購入時に刃が2つついています。1つは本体に付いた状態で、もう1つ別に替え刃が付いているのでお得♪

さらに、替え刃は別売り品として販売もしているので、刃だけ付け替えれば半永久的に使えますよ。

替え刃は公式サイトにて2個1,000円で販売されています。別途送料がかかるので注文時に確認してくださいね。

>>Iラインのシェーバーなら…<<

Iライン専用のシェーバーが必要な理由

ラヴィアIラインシェーバーのセット内容

女性用シェーバーって、いろんな種類が売られています。

メジャーなのは、普通のボディ用のシェーバーですね(男性用シェーバーみたいな形状のものです)。
でも、Iラインのお手入れをするなら、一般的な女性用シェーバーではなく、Iライン専用のものを使った方が良いんです。

まず、Iラインは凹凸が多い場所で、普通の女性用シェーバーでは剃りにくいから! Iラインって、すごく入り組んだ形状ですよね。しかも、かなーりデリケートな部分(「デリケートゾーン」って言うぐらいですからね)。普通のシェーバーだと、うっかり性器を傷つけてしまいかねません。

傷がつくと治りにくい部分でもあるので、なるべくヘッド部分がコンパクトで、こまわりの利くデザインのものを使わないと危険をともないます(うっかり、Vラインの必要な毛まで剃っちゃうという危険もあります……)。

そしてもう一つ、Iラインは、衛生面を考えても、シェーバーを使い分けた方がいいからです。Iラインは粘膜に近いところでもあるため、正直体液が付いてしまうこともあります。ちゃんと拭いて消毒すれば問題は無いのですが、他の部位と併用するのには抵抗がある、という人も多いハズ(わたしは抵抗あります)。

Iラインに使うシェーバーだけは、「Iライン専用」のものを用意した方が安全面でも衛生面でも、安心して使えるのではないでしょうか?

ラヴィアIラインシェーバーはOラインにも使える

デリケートゾーンに特化した「ラヴィアIラインシェーバー」は、Oラインのお手入れにも使えます。

Oラインは自分でも見づらいのでシェービングがもっとも難しいところですから、普通のシェーバーやカミソリではかなり危険!

ラヴィアIラインシェーバーならOラインも安全に剃れるんです。

とは言え、ラヴィアIラインシェーバーでも雑に剃ると危険ですから、丁寧に注意深く自己処理してくださいね。

また、Oラインの自己処理は大変なので、なるべく早めに脱毛を終わらせてしまうのがおすすめですよ。

ラヴィアIラインシェーバーの使い勝手

ラヴィアIラインシェーバーの使い心地1
ネット通販のレビューを見ていると、ラヴィアIラインシェーバーは「血が出た」とか「傷がついた」なんていう声もあります。が、一方で満足している人もいます。この違いは何でしょうか?

それは、剃り方です。ラヴィアIラインシェーバーは、普通の女性用シェーバーとは全然違う形状をしているため、同じような感覚で使うとすごく剃りにくいです。それで、つい刃を押し付けてしまい、肌に傷をつけてしまうというわけです。

ラヴィアIラインシェーバーを使う際には、しっかりとIラインの皮膚を伸ばした状態で剃るのがコツ。ひじの内側をシェービングするとき、しっかりひじを伸ばして剃りますよね? それと同じです。ちょっと恥ずかしいけど、がばっと股関節をひらいた状態で剃ると皮膚にシワが寄らず、キレイに剃れますよ。

ちなみに、「ボディ用のシェーバーではキズつかなかったのに」という人の場合は、ちゃんと剃れていない可能性が高いです。ボディ用のシェーバーの場合は多少押し当てても皮膚に傷がつくことはありませんが、結局皮膚がシワになったまま剃っている状態ですので、かなり剃り残しがあるのではないでしょうか?

Iラインのムダ毛をキレイにシェービングするには、しっかりと皮膚を伸ばした状態で剃ることが大切なんですよ。

ラヴィアIラインシェーバーのメリット(*^-^*)

ラヴィアIラインシェーバーの使い心地2
ラヴィアのIラインシェーバーは、Iラインのお手入れ用にはぜひ持っておきたい1本です。

Iライン専用シェーバーなので他の部位と併用することがなく衛生的ですし、ボディ用シェーバーと違ってコンパクトなので、Iラインのような小さい部位でも剃りやすい。

また、製品としての魅力はわたし的には大きく2つ!

1つは、巾着袋が付いてくる!

シェーバーサイズにぴったりのフェルト製のシンプルな巾着袋なんですが、シェーバーの持ち歩きには便利です。

日常の自己処理だけであればIラインシェーバーを持ち歩くことなんてほとんど無いかと思いますが、Iラインの脱毛に通っているうちは、Iラインのシェーバーを持ち歩くこともあります。

お店にもよりますが、VIOの脱毛をする場合、もし剃り残しがあった場合はその場で処理してもらえる店もあります。
ただ、その場で処理してもらうには、自分のシェーバーを持参しなければならないお店も多いんです。

わたしも、Iラインの脱毛をしているときは、お店に行くときには必ずIラインシェーバーを持参していました。

もう1つは、替刃が付いてくる!

シェーバーは、消耗品です。電池が切れたら気軽に交換できるけど、刃の切れ味が悪くなっても、わざわざ替刃を買うのって面倒だと思いません?

カミソリみたいに気軽には売ってないし、ネット通販で買うにしてもわざわざ送料を払うのも惜しい。
ラヴィアのIラインシェーバーには、はじめから替刃が予備で付いているので、Iラインの脱毛に通い終わるまで、しっかり使い倒すことができますよ。

ラヴィアIラインシェーバーのデメリット( ゚Д゚)

ラヴィアIラインシェーバーの使い心地2
ただ、ラヴィアのIラインシェーバーが文句なしに素晴らしい製品だ、とは言えません。

わたし的に不便に思うのは、カバーの固さ。
ラヴィアIラインシェーバーには、刃の部分に付けるカバーがあります。むき出しだと危ないですしね。ただこのカバー、ちょっとした衝撃でもすぐにポロリと取れてしまうんです。

なんでかな~と思っていたら、カバーがちゃんとはまっていなかったんですね。強めにぐっと押し込まないとカバーがはまりません。

カチッと音がするまで押し込みましょう。

特に、Iラインの脱毛に通っている間はIラインシェーバーも携帯するので、巾着の中でカバーが取れている、というのは日常茶飯事です。そして、わたしはソッコーでなくしました(笑)

巾着に入れて保管しておけばとりあえず危なくはないけど、もうちょっとカバーがはまるように改良されたらいいのになぁ、と思っています。

全体的なデザインとかも、もうちょっとスタイリッシュにならないかなぁとか、もうちょっと肌を傷つけない感じの性能にならないかなぁと思うところもあります。慣れれば普通に使えるけど、初めて使う人でも使いやすいようなシェーバーの方がいいですよね?

ただ、残念ながらIライン専用のシェーバーって、ラヴィア以外売ってない。もしかしたらあるのかもしれないけど……どこを探したって、ラヴィアのIラインシェーバーしか見たことないし。

というわけで、若干の不便さはあるものの、価格的にはすっごく買いやすい値段ですし、Iラインのお手入れにはIラインシェーバーは欠かせないわけでありまして、とりあえずIラインのシェービングが必要な人は、持っておいた方がいいアイテムだと言えるでしょう!