ブラジリアンワックスを継続したその後
ブラジリアンワックスは日本ではあまり普及しているとは言い難いものの、それでもここ数年使う人は増えてきています。

もともとはエステサロンに行って施術してもらわなくてはいけなかったのが、自宅で使えるワックスが販売されるようになり、日本人向けのソフトワックスもあるので自宅で手軽に使えるようになったんですよね。

でも、ブラジリアンワックスって長期間使い続けるとどうなるのでしょうか? ブラジリアンワックスを使い続けたその度、将来的に肌はどうなるのかを解説いたします。

ムダ毛が生えてこなくなる?

毛抜きで眉毛を抜いていると、だんだんと生えにくくなってくることがありますよね。これは毛根にダメージが加えられることによって再生しない毛が出てくるからです。

同様に、ブラジリアンワックスで毛を抜き続けていたらだんだん生えてくる毛の量が減ってくることは可能性としてはあります。

あくまでも「可能性」の話です。

眉毛は比較的毛が再生しにくくなるところですが、体の方のムダ毛は再生力も高いです。抜いても抜いても、どんどん生えてくるのです。

それでも、長期間続けていくことによってだんだん毛の量が減ってきたという人はいますし、人によってはかなり毛量が減ることも期待できる……かもしれません。

肌がボロボロになる!

ブラジリアンワックスはムダ毛を根こそぎ抜いてしまえるので仕上がりもきれいですが、抜くときには肌も同時に引っ張られています。

角質は剥がされ、乾燥しやすい状態になっているのです。正しくアフターケアすることによってある程度肌のダメージを和らげることはできますが、それでも長年続けていると少しずつダメージは増えていくものです。

若いうちはいいにしても、年をとると肌自体も老化してくるので、ブラジリアンワックスによるダメージも深刻なものになっていきますよね。

肌が荒れやすくなったり、毛嚢炎など炎症を起こしやすくなってしまうときれいな肌は維持できません。

また、色素沈着を起こすこともあります。ブラジリアンワックスなどの自己処理を長期間続けていると、その後だんだん肌への刺激によってメラニン色素が生成されやすくなります。

メラニン色素がうまく排出されなくなってくると色素沈着を起こしてしまい、きれいな肌も台無しになります。

肌のために、長期使用はやめましょう

欧米では一般的なブラジリアンワックスでのムダ毛処理ですが、肌が敏感な日本人には合いません。肌が弱い人だと早々に肌トラブルを起こしてしまいます。

ブラジリアンワックスでせっせとムダ毛処理を続けていても、その後ムダ毛が生えてこなくなるという可能性は低いです。ムダ毛が生えてこなくなったとしても、処理をやめればまた毛根の機能は再生しますしね。

ムダ毛がなくなるよりも先に、肌がダメージに耐えきれなくなってボロボロになってしまう方が早い。

将来後悔したくなければ、ブラジリアンワックスの長期使用はやめましょう。日常的にブラジリアンワックスを使いたいと思うほどムダ毛を気にしているのであれば、費用的にも脱毛に切り替えた方がいいですよ。