顔の脱毛が痛いって話を聞いたことがありますか? 顔脱毛って、フェイシャルエステ感覚で優雅に受けられると思ってたら大間違いなんです。実は、ちょっと、痛い……です。

レーザー脱毛は痛い、光脱毛はあんまり痛くない

脱毛にはクリニックのレーザー脱毛とエステサロンの光脱毛がありますが、両者の違いは「出力の高さ」です。クリニックだと、医療用の出力が高いレーザー脱毛機を使うため、効果は高いけど痛みも感じやすい。エステサロンだと、医療用のものは使えないので、出力の劣る光脱毛機。レーザーに比べると効果は出にくいですが、痛みはほとんどありません。

特に顔は、他の部位と比べても痛みが出やすいところなんですが、エステサロンの顔脱毛なら、ほとんど痛みはありません。人によっては、もしくは使用している機械によっては、ピリッとした痛みを感じるかもしれないって程度。

一方、クリニックのレーザー脱毛だと、普通に「痛い!」と感じる人が多いです。

顔の脱毛が傷みを感じやすい理由

脱毛時の痛みの感じ方は、部位によっても大きく違います。痛みの大きさに影響するのは、皮膚の色や薄さ、それからムダ毛の質です。

まず、皮膚の色が黒いほど、痛みを感じやすくなります。これは、本来はムダ毛だけに反応するはずのレーザーが、肌にまで反応してしまうから。色白な人ほど、痛みを感じにくくなります。

次に、皮膚の薄さ。皮膚が薄いところほど、痛みを感じやすいです。腕なんかは皮膚が厚めなので、ほとんど痛みを感じません。一方、顔は皮膚が薄いですよね。

そして、ムダ毛の質。ムダ毛が薄いところほど、脱毛機の出力を上げないと脱毛が上手くいきません。たとえば、ワキみたいな濃い毛だと低い出力でも十分効果を発揮できます。逆に、産毛の場合はワキ毛と同じ出力で脱毛しても効果が出せないため、出力を上げなくてはなりません。

顔の場合は、産毛なので高出力で照射する必要があるものの、皮膚は薄いところなので、痛みを感じやすいってわけですね。

我慢できないこともない

顔脱毛の痛さには個人差がありますが、ちょっとした痛みを感じる、という人まで含めると、ほとんどの方が痛みを感じると思われます。(※レーザー脱毛の場合)

経験上、特に痛いのは鼻下。わたしは照射されるたびにビクッッとしてしまい、看護師さんを困らせてしまいます。(すみません……)

ただ、脱毛時の痛みって、一瞬のできごとです。顔を思いっきり殴られたらいつまでも痛いと思いますが、脱毛の痛みは照射時の一瞬だけなので、たとえけっこうな痛みを感じたとしても、そのせいで脱毛を続行できない、ということにはなりにくいです。

また、クリニックの脱毛であれば、麻酔を使うことも可能です。麻酔を使えば痛みを感じることはないので、痛みに弱いという人でも安心ですね。ちなみに、わたしは実際にクリニックで顔脱毛をしたこともあるし、下調べとしていろんなクリニックに問い合わせもしてみたけど、麻酔を使う人っていないそうです。わたしが聞いた限りでは、麻酔を使う人の確率は0%でした。

一昔前の脱毛機だと、まだ痛みを軽減できるような技術がなかったため、けっこうな痛さがあったのだと思います。だからこそ、麻酔が必要な人もいた。でも、最近の脱毛機は痛みを和らげる工夫がされているため、痛みが出やすい顔の脱毛でも、麻酔を使わなくてはならないほどの痛みを感じる人はいなくなってしまったのではないでしょうか?

というわけで、顔脱毛は、クリニックのレーザー脱毛だとけっこう痛みを感じてしまう人もいるけど、我慢できない痛みとか、麻酔無しでは耐えられない、という痛みではないということです。顔のムダ毛は産毛のような細い毛なのでエステサロンよりもクリニックでの脱毛をおすすめしますが、痛みに弱い人でも「痛くて通い続けられない」なんていうことはないですよ。