医療脱毛クリニックでのカウンセリング風景
医療レーザー脱毛ができるのは医療クリニックだけです。

でも、どこのクリニックに行っても満足できる脱毛が受けられるわけではありません。良いクリニックを選ぶために、また、後悔のない契約をするために、契約前の無料カウンセリングが非常に重要になってきます。

そこで、ここでは医療レーザー脱毛をしたい人がクリニックの無料カウンセリングを受ける際に、ちゃんと確認しておきたいことを紹介したいと思います!

無料カウンセリングは受け身じゃダメ!

医療クリニックの場合、エステのカウンセリングとは違って「勧誘」が少ないのが特長です。多少の勧誘があるクリニックもありますが、基本的には脱毛の基本的な仕組みやコース内容について説明を受けたり、こちらが不安に思っていることを相談したり、といったやりとりがおこなわれます。

ただ、クリニックのスタッフのペースに身を委ねてしまうと、相手が勧める通りのコースを言われるがまま契約してしまうことになり、後で後悔したり、失敗の原因にもなってしまいます。

無料カウンセリングは、相手の質問に答えるだけのような受け身の体勢では失敗します! できるだけ積極的に質問して、自分のペースで話し、能動的な姿勢を貫くようにしましょう。

無料カウンセリングに行っても、契約する必要はありません

無料カウンセリングに行くということは、イコール契約しなければならない、と考えている人が多いです。でも、これはあくまでも無料カウンセリング! ただ話を聞くだけ聞いて、契約せずに帰っても何の問題もありません。

新しい冷蔵庫を買おうと思っているときに、「どんな冷蔵庫があるのかな?」と家電量販店に行ったら、必ずその店で買わなければならない、なんてことはありませんよね。ヨドバシを見ればビックカメラも見たいですし、ヤマダ電機も確認しておきたいものです。

もちろん、その場で良い商品がみつかれば購入しますし、「これがいい!」というものが見つからなければまた別の店に行ってみる。

脱毛だって、冷蔵庫と同様安い買い物ではないのですから、その場で即決せずに、慎重に決めてもいいんですよ。

【保存版】医療クリニックの無料カウンセリングで聞くべきこと

カウンセリングに行く際には、ぜひこのページを見ながら、聞き漏れの内容に一つひとつ確認していきましょう! 聞き忘れがあると後悔することにもなりませんから、必ず聞き忘れの無いようにしてくださいね。

◎料金・コース・照射範囲

契約するからには、どんなコースで何回受けられるのか、ということをきちんと確認しておかなくてはなりません。受け身で話を聞いているだけだと勘違いしている部分があったりするので、「○○部位を、○回受けられるコースですね?」と自分の言葉で確認することが大切です。

また、照射範囲についてはきっちり確認しておきましょう。一言に「ワキ」と言っても、クリニックによって照射範囲は違います。特に、ムダ毛が生えている範囲が広い人は、自分のムダ毛にきちんと対応できるのか、契約前に確認しておいてください。

◎コース料金以外でかかる費用

コース料金は契約時に支払うのが基本ですが、通い始めてから必要になる費用もあります。たとえばシェービング代。脱毛する部位によってはクリニックでシェービングをしてくれる場合もありますが、その場合、無料なのか有料なのか、有料ならいくらなのか確認しておきます。他にも、軟膏が処方されたり麻酔を使ったりと部位や状態によって費用がかかる可能性もあり、それぞれどれぐらい費用がかかるのか、聞いておきましょうね。

◎途中解約について

まず、クリニックの契約はクーリング・オフの対象外です。(クーリング・オフとは、契約後8日以内であれば契約を無かったことにできるという消費者保護のための制度です)

もし、途中で解約することになった場合、何回終わっていたときにいくら戻ってくるのか解約時には解約手数料などがかかるのか、確認してください。

◎キャンセル、遅刻

体調不良で予約をキャンセルしたり、交通機関の遅れなどで遅刻した場合、どうなるのかは絶対に確認してください! キャンセルでも、当日キャンセルの場合は1回分消化されるとか、「前々日までのキャンセルはOKで、前日以降のキャンセルはキャンセル料がかかる」など、クリニックによって制度が違います。

遅刻の場合も、大幅な遅刻になるとキャンセル扱いになることもありますし、もし、交通機関の遅延など致し方の無い事情があればキャンセル料はかからないなど、クリニックによっても理由によっても対応は変わってきますから、どのような扱いになるのかをきちんと聞いておき、できればメモしておきましょう。

◎麻酔について

医療レーザー脱毛の場合、エステ脱毛とは違って麻酔を使えるというメリットがあります。実際に使うことはそう無いと思いますが、IラインやOラインの脱毛では麻酔無しでは耐えられないという人も一部いらっしゃるようなので、麻酔がどういうタイプのもので、いくらかかるのは確認しておきましょう。ちなみに、脱毛で使われる麻酔には笑気ガスタイプとクリームタイプがあります。

◎万が一の際の対応

これも滅多にないことではありますが、レーザーを当てる以上、絶対にヤケドなどのトラブルが無いとは言い切れません。万が一、肌トラブルが起こった場合にはどのように対処してくれるのかを確認しておいてくださいね。

◎妊娠などで通えないときの対応

妊娠中は、脱毛はできないことになっています。女性は当然妊娠することもありますから、妊娠して通えなくなったら、残りのコースはどうなるのか聞いておきましょう。(たいていは、休止扱いになり、産後落ち着いてから再開可能となっています)

◎引越した場合の対応

妊娠のような一時的なものではなく、引越しのためにそのクリニックに通えなくなってしまう、ということも起こり得ます。全国展開している大規模なクリニックの場合、申し出れば引越し先の医院へ転院という形で通い続けられることもあります。また、引越し先にクリニックが無い場合は、途中解約扱いになりますが、この場合はどの程度返金されるのか、手数料はかかるのか、確認しておきましょう。

◎シェービングできないところ

背中のように手が届かないところや、Oラインのように手は届いてもシェービングしにくいところは、どのようにシェービングすればいいのか確認しておきましょう。たいていはクリニックの方でシェービングしてもらえますが、中にはシェービングしてくれない(=自分でなんとかするか、家族にやってもらう?)という場合もあるので注意が必要です。

不安なまま契約しないこと!

無料カウンセリングに行ったら契約しないと申し訳ない、と思っている人は、不安を抱えたまま契約し、案の定あとから「失敗した!」と後悔してしまうこともあります。

別に、納得できなければ契約しなければいいのですし、不安を抱えたまま契約すると何かしら後悔することが出てくるものなので、無料カウンセリングでは遠慮せず、トコトン不安をぶつけてください!

契約して通いだすと、なかなかゆっくりと質問できる機会もありませんし、分からないことや気になっていることはしっかり質問攻めにして、納得してから契約するようにしましょう。