医療レーザーの施術写真
アトピー性皮膚炎の人や、生まれつき肌が弱い人は、「脱毛なんてどうせできないだろう」と考えがちです。

しかし、肌が弱いから脱毛できない、アトピーだから脱毛できない、ということは決してありません!

医療レーザー脱毛は、むしろ肌の弱い人にこそおすすめしたい脱毛方法なんです。
(※医療用のレーザー脱毛機にも種類があり、クリニックによって使用している機械が異なりますので、カウンセリングの際には「肌が弱い」ことを必ず伝えましょう)

医療レーザー脱毛はアトピーでも大丈夫!

アトピーを気にする女性
脱毛は肌に負担がかかると考えている人も多いですが、自己処理するのに比べれば、肌にかかる負担なんて微々たるものです。

アトピーや敏感肌で肌が弱い人は、自己処理を繰り返していると余計に肌が荒れやすくなり、肌がボロボロになってしまうことも……。カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたり、またはワックス脱毛や除毛クリームなどを使っていると、肌に負担をかけ続けることになります。

一方、医療レーザー脱毛の場合(例えば、このクリニック)、肌への負担はゼロではないですが、自己処理ほどの負担はありません。しかも、5~6回通えばほぼ完了してしまうので、それ以降は脱毛に通うことも、自己処理をすることもなく過ごせるので肌に負担を与えることはなくなります。

エステ脱毛という方法もありますが、エステの場合は医療機関ではないために、万が一肌トラブルが起こったときにはその場ですぐに対処してもらえないですし、何より、エステ側がトラブルを恐れて少しでも肌に問題があれば施術を断わられてしまい、脱毛できないこともあります。

医療レーザー脱毛なら少々肌荒れしている程度なら施術してくれるところも多く、肌が弱い人なら医療レーザー脱毛を選んだ方が良いです。

医療レーザー脱毛ができないケース

アトピーなど肌が弱い人でも医療レーザー脱毛はできますが、必ずできる、というわけではありません。アトピー体質なんですとか、化粧品で肌が荒れやすいタイプなんです、というだけなら大丈夫。でも、現在アトピーの症状がでていたり、肌荒れが悪化しているようなケースだと施術できないです

顔が肌荒れしているが、ワキの脱毛をしたい できる◎
ワキにアトピーの症状が出やすいが、今は落ち着いていてワキの脱毛をしたい できる◎
Vラインが荒れているが、Vラインの脱毛をしたい ⇒できない×
脚の脱毛をしたが、一部が肌荒れしている ⇒荒れている部分だけできない△
ステロイドを使用しているが、脱毛したい できるケースが多い〇
アトピー治療などでステロイド剤を使用している場合、クリニックではたいてい施術可能です。(エステの場合は不可としているところが多い)

【つまり、まとめると・・・】
・脱毛する部位自体が肌荒れしていなければ脱毛できる
・脱毛する部位の一部が肌荒れしていると、一部を避けて脱毛できる
・肌荒れしている部位は脱毛できない

ちなみに、多少荒れ気味であっても施術できるケースもあります。ちょっとでも肌の具合が悪そうだと徹底的に避けるエステ脱毛とは違い、医療レーザー脱毛だとわりと寛容な対応をしてもらえるので、はじめから諦めずにどれぐらいの状態なら施術できるのか、カウンセリング時に確認しておきましょう。

医療レーザー脱毛で肌荒れが悪化するか?

今現在、特に肌荒れしていなくても、医療レーザー脱毛をすると、レーザーの影響で肌荒れしてしまうのでは? と不安な方も多いと思います。

たしかに、脱毛に使われる医療レーザーはまったく刺激が無いわけではありませんが、かと言って、医療レーザーが肌荒れを悪化させる、ということはありません。

医療レーザー脱毛に使われるレーザーは、そもそも「肌にはほとんど刺激を与えずに、毛根だけにダメージを与える」という特性を持ったものですから、肌への影響は考えなくてもいいでしょう。

ただ、脱毛の施術を受けた直後には、肌が火照ってしまうことがあります。
数時間から、長くても一晩程度おけば火照りは落ち着きますし何も問題は無いのですが、肌が弱い人の場合は火照ることによってかゆみを感じやすいタイプの人もいます。

かゆみを我慢できずに掻き毟ってしまうと肌の状態を悪化させてしまうことになるので、火照りを感じた場合はすぐに保冷剤などで冷やしたり、お風呂もぬるめのシャワーで済ませるなど、肌荒れを悪化しないような対処をとることが必要になってくるでしょう。

肌が弱い人が脱毛するときに注意すべき点

肌が弱い女性の脱毛
肌が弱い人でも医療レーザー脱毛は可能ですが、普通の肌の人と同じようにできるというわけではありません。

まず、肌が弱い人は、そのことをクリニックに伝えておかなくてはなりません
医療レーザー脱毛は安全な脱毛方法ではありますが、肌に多少の刺激はありますし、肌が弱い人の場合ははじめは弱めのレーザーで施術して様子を見る、ということが必要になることもあります。

また、肌が弱い人は、肌の状態が悪化しないように、普段のスキンケアにも気を遣いましょう。肌が弱くても肌荒れが無ければ施術はできますが、通っている途中で肌荒れしてしまうとしばらく脱毛できませんし、急に肌状態が悪化してしまうと予約をキャンセルしなければならなくなってしまいます。

睡眠をしっかりとり、栄養バランスのいい食事をするなど、肌に良いことを意識して継続する必要があります。この機会に、肌荒れの治療が上手な皮膚科を探してみるというのもおすすめです。

心掛け次第でキレイな肌をキープして脱毛に通うことは可能なので、今肌荒れしているという人はまず治療を、今は大丈夫だという人も今後肌荒れしてしまわないように、細心の注意を払いましょう。

医療脱毛で丁寧にムダ毛処理

肌の状態に不安がある方は、自分だけで悩まずに「脱毛できるかどうか」を聞いてみることから始めていきましょう!

アリシアクリニック

肌が弱い方や肌トラブル(シミ、色素沈着、ホクロ、ニキビ、アトピー、肌荒れ)を抱えている方にも最大限の配慮をしてくれます。脱毛できない場合は「できない」と伝えてくれるので、まずは無料カウンセリングを体験してみましょう。

おすすめ脱毛クリニック01
リゼクリニック

事前のカウンセリングとアフターケアの両方に力をいれているクリニック。東京はもちろん、地方都市在住の方でも通いやすいです。

おすすめ脱毛クリニック02
湘南美容外科クリニック

大手なので、多少事務的な対応も見受けられますが、施術数の多さで脱毛料金もリーズナブルに抑えられています。

おすすめ脱毛クリニック03