色黒の女性
脱毛に通うにしても、色黒の女性の場合は思うように脱毛の効果が得られないことがあります。色黒の人は、色白の人とくらべて、少し条件が悪いんです。

肌とムダ毛のコントラストが大切です

レーザー脱毛や光脱毛というのは、肌と、ムダ毛の色のコントラストがはっきりしているほど、効果が現れやすいです。これは、脱毛の仕組みに理由があります。

レーザー脱毛や光脱毛では、肌に特殊なレーザー(光)を照射することによって、ムダ毛にダメージを与えます。このとき、ムダ毛だけを攻撃して肌にダメージが無いのは、肌の色に秘密があります。

脱毛機から照射される特殊なレーザー(光)というのは、色の濃いものに反応するという特性があります。そのため、色が濃いムダ毛だけに反応して、色が薄い肌には反応しないのです。

脱毛は産毛には効果が出にくいと言われているのも、産毛は色が薄く、肌の色とのコントラストがはっきりしないからなんですね。

そのため、肌が白く、ムダ毛の色が濃い人ほど、脱毛の効果は感じやすいのです。

色黒では脱毛の効果が得られない?

色黒の女性だと、ムダ毛の色とのコントラストがはっきりしないため、脱毛の効果が出にくいです。ムダ毛にダメージを与えるだけの強い光りを照射してしまうと、肌にまでダメージを与えてしまう危険がありますよね。肌にダメージを与えないためには、光の強さ自体を下げなくてはなりません。そして、光の強さを下げたことによって、ムダ毛にアプローチする力も下がってしまうため、脱毛の効果が弱くなってしまうのです。

日本ではレーザー脱毛や光脱毛をする人がかなり増えていますが、実は、欧米では最近までそこまで流行っていませんでした。というか、未だにワックス脱毛の方が人気です。

これも、肌とムダ毛のコントラストに問題があります。白人の場合は、ムダ毛の色も金やブラウンなどで薄い人が多いので、脱毛の効果が出にくい。黒人の場合は、ムダ毛の色は濃くても肌の色まで濃いため、脱毛の効果が出にくくなる、というわけです。

アジア人の中でも、日本人や韓国人の場合は肌の色が白く、ムダ毛の色は濃いため、レーザー脱毛や光脱毛をするにはぴったりな体質を持っていると言えるでしょう。

色黒でも使えるレーザーがある

エステサロンで使用されている光脱毛機は、日焼けしている肌には使えません。当然、色黒の人でも、使えないことがありますし、エステサロンで「大丈夫ですよ~」と言われたとしても、色白の人に比べると効果はかなり下がってしまいます。

一方、クリニックで使用されているレーザー脱毛機の中には、色黒の人にも問題なく使えるものがあります。
それが、ヤグレーザーです。

現在、日本のクリニックで使用されている脱毛機は、ほとんど「ダイオードレーザー」か「アレキサンドライトレーザー」というものです。いずれも日本人の肌に合ったレーザーなので、広く使用されています。

一方、ヤグレーザーというのは上記の2つとはまた違った波長のレーザーで、こちらは黒人の肌にも使えるというシロモノ。黒人の方にも使えるぐらいですから、色黒の日本人女性ぐらいなら余裕で脱毛できちゃいます!

ヤグレーザーは、「ジェントルヤグ」という名前の脱毛機が一般的で、大手クリニックの他、小さな個人クリニックでも導入しているところは多いので、お近くのクリニックでも探してみましょう。

針脱毛なら肌の色は関係ない

現在の日本ではレーザー脱毛や光脱毛が一般的ですが、もう一つ、ニードル(針)脱毛という方法もあるんですよね。ニードル脱毛は、レーザーなどに比べると時間もお金もかかるのでマイナーな方法になっていますが、肌の色関係なくできること、産毛のような薄い毛にも効果を発揮できることから、根強い人気もあるんです。

全身をニードル脱毛しようとすると途方もないぐらいのお金と時間がかかってしまいますが、「ここだけはキレイに脱毛してしまいたい!」というところは、レーザーだけでなくニードル脱毛を併用するのがおすすめです。

ただ、ニードル脱毛はやっぱり高いというのと、取り扱っているクリニックが少ないので、通える範囲にある良いクリニックを探すのが大変、というデメリットがあります。

色黒の人が美白すれば色白になれるか?

色黒の中の女性には、せっせと美白化粧品を使って色白を目指している人も多いです。が、美白化粧品では、美白になれる可能性はかなり低いです。

まず、色黒というのはほとんど体質です。一時的な日焼けした肌であれば薄くすることができますが、持って生まれた肌の色というのは、変えられるものではありません。

もちろん、色黒の人の中には、もともと色黒であるせいで人より余計に日焼けしやすいため、紫外線対策を徹底して美白ケアすることによって今より肌色が薄くなることはあります。

しかし、美白化粧品のほとんどは、「肌を白くする」効果はありません。「日焼けやシミ、そばかすを予防する」というのがあくまでも美白化粧品の効果なのです。

今の肌色を薄くしたければ、美白化粧品を使う場合もハイドロキノンのような漂白作用のある化粧品を選ぶ必要があります。また、それだけでなく、日々の紫外線対策や、食生活にまで気を使って、やっと色白に近づくことができるんです。

色黒の人でも、きちんと紫外線対策をして生活していれば、今より肌の色を薄くすることはできるかもしれません。肌の色が白くなってきたら、エステサロンでの脱毛でも効果が出やすくなるでしょう。

それでも、やはり色の白い人に比べると効果は出にくいので、エステサロンに通っていても標準的な回数では終わらず、追加契約が必要になります。そのため、結果的にはクリニック以上に多額の費用がかかってしまう恐れがあります。

それならば、はじめからヤグレーザーを取り扱っているクリニックで脱毛した方が結果的には安く抑えられると思いますし、確実に脱毛できるので、色黒を自覚している方は、まずはクリニックで相談してみるのがいいでしょう。