ドイツ人女性の脱毛事情
ドイツ人は、日本人のように黒くて濃い毛が生えるわけではないので、ムダ毛の処理に関しては、日本よりは寛容なところがあるようです。

日本人で、わき毛ボーボーのままタンクトップを着ている人がいたらギョッとしますが、ドイツだとまぁたまにいるかな、という感じ。

とは言え、ドイツでもやはり綺麗になるためにはムダ毛処理は必須! という考え方が浸透しているので、自己処理したり美容脱毛に通ったりしている人が多いようです。

ドイツ人はキレイ好き!

欧米諸国の中でも、ドイツ人のキレイ好きは群を抜いています。日本人もキレイ好きな国民だと思いますが、日本以上に掃除に命を懸けていると言ってもいいでしょう。

家の掃除は、とにかく「磨けるところはすべて磨く!」というのが当たり前。シンクや蛇口に水垢が付いているなんていうのは考えられないっていう価値観です。あまりにもキレイ好きなので、「ドイツ人はキッチンを汚したくないから料理をしない」なんて言われる始末。笑

実際、ドイツの女性は掃除には命かけますが、料理は簡単なものしかしません。日本のママは料理に手間暇をかける人が多いですから、ドイツ人ばりに掃除を徹底するのは時間的に難しいです。マネしようと思わないことですね!
(わたし、昔ドイツ人のマネして掃除がんばってたけど、息切れしちゃいました)

それほどキレイ好きな国民性を持つドイツ人ですから、ムダ毛処理する動機も単に「見た目を美しくしたい」ということだけではありません。「衛生面を考えればムダ毛は処理すべき」という考え方になるようです。

アンダーヘアは処理するのが当たり前!

ドイツ人のキレイ好きが現れているのが、アンダーヘアへの考え方です。デリケートゾーン(VIO)のムダ毛を生やしっぱなしにしているのは、「不潔」だと考えられています。

たしかに、アンダーヘアにはどうしても排泄物が付着してしまいますよね。急に、アンダーヘアが不潔に思えてきませんか?

もともと、昔の日本人は下着を付ける習慣がありませんでした。着物文化でしたし、下はノーパンだったんですよね。だから、アンダーヘアがボーボーに生えていても蒸れることがなかった。ところが、明治維新のあと徐々に下着を履く文化が根付いてきて、それから日本人は「デリケートゾーンのかゆみ、ムレ、炎症」に悩まされるのようになったんです。

下着を履くなら、ドイツ人のようにアンダーヘアの処理はした方が良さそう。アンダーヘアの処理をしないなら、いっそ下着を履くのをやめた方がいいかも(笑)

ワックスやシェーバーで処理するドイツ人

自己処理の方法としては、ワックス脱毛シェーバーによる処理が一般的です。欧米では、日本以上にワックス脱毛が浸透しています。デリケートゾーンも、ブラジリアンワックスでベリッとやるわけですね。

ただ、シェーバーを使って剃ったり、ハサミで切って整えたりという人も多いです。アンダーヘアも全剃りするわけではなく、前は適度に残すのが主流なので、ワックスで一気に! というよりは、シェーバーで剃って、残すところはハサミでカットして長さを整える、という方法がやりやすいのでしょう。

ドイツでは、男性もアンダーヘアの処理をしている人が多いようです。剃るまでしていなくても、ハサミで切って整えておく、という状態にしています。もちろん、ドイツ人男性は、女性のアンダーヘアが未処理だとがっかりしてしまいます。

レーザー脱毛や光脱毛も主流

ドイツでも、レーザー脱毛や光脱毛が受けられます。専門のクリニックやエステサロンに行けば、日本と同じように美容脱毛ができるんですね。

ワックス脱毛ができるエステサロンもあるのですが、ワックスだと永久脱毛ではありませんし、定期的に処理し続けなくてはならないため、美容脱毛に切り替える人も多いようです。

ただ、残念ながら、ドイツ人の中にはレーザー脱毛でも効果が無い人もいます。それは、ブロンドなど、髪の色が明るい人。体毛の色が濃くないと脱毛の効果が出ないため、レーザー脱毛で効果が出ない毛の色をしている人は、美容脱毛ではなくブラジリアンワックスを使うのが一般的ですね。