お酒を飲む女性たち
脱毛に通う女性が増え、脱毛は特別なことではなくなりました。でも、気軽に行けるようになったからと言って、美容院で髪を切るぐらいの気軽な感覚では、失敗してしまうこともあります。

飲酒もその一つ。脱毛前後の飲酒がどのような影響を与えるのか、解説していきましょう!

脱毛「前」の飲酒の影響

脱毛前に飲酒をした場合、以下のような影響が出る可能性があります。

施術中に気分が悪くなる

酔った状態で脱毛の施術を受けた場合、気持ち悪くなる可能性があります。万が一吐いてしまったりしたら、お店にも迷惑がかかりますよね。

また、脱毛する個室はかなり狭いので、酒臭い状態で施術を受けるのはマナー的にもNGです。

肌が過剰に反応して熱くなったりかゆくなったりする

お酒を飲んでアルコールがまわると、血行が良くなり、火照りを感じやすくなります。肌表面も火照った状態になりますよね。

脱毛の施術をしたときにも、脱毛機の光・レーザーの影響で肌に熱がこもりやすくなります。いつも以上に熱く感じてしまい、激しいカユミを感じることもあります。かゆくて掻いてしまったら、肌のダメージも大きくなってしまいます。

脱毛「後」の飲酒の影響

脱毛後にお酒を飲むと、以下のような影響がある場合もあります。

肌が熱くなったりかゆくなったりする

脱毛の施術をした後にお酒を飲んでも、血行が良くなったことによりかゆみを感じやすくなります。

脱毛の効果が落ちる

お酒を飲んで体温が上がっていると肌はいつも以上に乾燥してしまいます。脱毛中の乾燥は脱毛効果を低下させてしまうのです。

エステサロンやクリニックでも、脱毛前後の飲酒は避けるように、と指導があるはずですから、「別にいいや」と飲んでしまわずに、言われたことをきちんと守って肌への負担を避け、脱毛効果が低下することのないようにしましょう。

「脱毛前後」ってどれぐらい?

頭を抱える女性
脱毛前後と言っても、何時間空ければいいのか、ということは説明されることがありません。では、何時間空けていれば飲酒してもいいのでしょうか?

脱毛前の飲酒

脱毛前については、個人差も大きいので一概に「○時間」と定めるのは難しいです。アルコールの分解が速い人なら前日深夜まで飲んで翌日午前中に脱毛したとしても影響がないかもしれませんし、アルコール分解の遅い人なら半日空いていてもまだ影響が残っていることもあります。

そこで、当サイトの方針としては、「脱毛の前日は禁酒」ということをおすすめしたいと思います。

毎日飲んでいる人だと禁酒はツライかもしれませんが、脱毛の施術に行くのは数か月に1回ですし、その日ぐらい禁酒できないことはないのでは? 肌にダメージを与えないよう、また、落ち着いて快適に施術を受けられるよう、前日は禁酒して、脱毛に備えましょう。

脱毛後の飲酒

脱毛後の飲酒は、脱毛時の諸症状が落ち着いてから、というのが正解です。諸症状とは、赤みや火照りのこと。しかしこれも個人差が大きいため、一概に○時間とは言いにくいですね。

赤みや火照りといった諸症状が出ていなければ、昼間に脱毛して夜に飲み会に行く、というのは大丈夫でしょう。夜に脱毛して、その直後から飲酒するというのは避けてください。夜飲みたければ、早い時間に脱毛を済ませておきましょうね!

とは言え、特にクリニックの医療レーザー脱毛の場合は赤みや火照りが引くのに時間がかかることもあります。半日経っていたとしても、まだ諸症状が落ち着いていない場合は飲酒は控えましょう。かゆくなって掻いてしまうと、肌がボロボロになってしみますよ。

理想を言えば、脱毛後の飲酒も、翌日以降にしておきたいものです。

脱毛前日と当日の2日間だけ禁酒すれば、脱毛の施術が飲酒の影響を受けることはありませんよ。

脱毛に通っているあいだは、飲み会やパーティーのスケジュールも把握しながら脱毛前日と当日にかぶらないようにして、万が一かぶってしまった場合はソフトドリンクで乗り切るようにしてみてくださいね!

今月の要チェックな医療脱毛クリニック

通いやすい

人気の脱毛クリニック1

>>チェックする!

わがままコースあり

人気の脱毛クリニック2

>>チェックする!