ムダ毛の状態に悩む女性
脱毛すれば、ムダ毛が『完全に』生えてこなくなる! 

というわけではありません。
体毛というのは、スマホのデータみたいに「全消去」みたいなことはできません。大量の毛穴を相手に一つひとつ消去していくようなものですから、どうしても全部の毛穴に照射できるわけでもなく、また、脱毛機では処理できない薄い毛ぐらいは残ります

脱毛に通っていると徐々に生えてくる毛の量が減ってきますが、どれぐらいまで減ったら、脱毛のやめどきだと言えるのでしょうか? 脱毛をどの時点で終了するかは人によっても違いますが、基本的な考え方を紹介します。

脱毛のやめどきには3つある

その人の考え方によって、また脱毛している部位によって、脱毛のやめどきは主に以下の3つの段階に分けることができます。

  • 自己処理がラクになったら
  • ほとんど毛が生えてこなくなったら
  • 最後の1本まで完璧になくなったら

自己処理がラクになったら

ムダ毛がだんだんと減ってくると、生えてくるペースも遅くなります。生えてくるペースが遅くなればそれだけ自己処理の頻度も低くなりますよね。また、ムダ毛が細くなってくると生えていてもさほど目立たなくなるので、普段は特に自己処理しなくても困らない人もいるでしょう。

普段あまり脚を出さない人なら、脚の脱毛は自己処理がラクになったぐらいで終了して、彼氏に会うときなど必要性を感じるときだけ自己処理すればいい、というわけですね。

自己処理が楽になるまで、という程度の脱毛なら料金も安いですよ。エステサロンの脱毛でも、6回程度でこの段階に到達します。

ほとんど毛が生えてこなくなったら

もっともオーソドックスな考え方です。ほとんどの毛が生えなくなり、「残っているのは産毛だけ」という状態です。当然、自己処理も不要になります。

ただ、毛周期の乱れなどが原因で、どうしても少しぐらいは毛が残ります。一見何も生えていないように見えても、たまに思い出したかのようにひょろひょろっと生えてくることも。少量のムダ毛であれば、気づいたときにササッと剃るだけで済みますから普通に自己処理するのに比べればかなり楽です。

これぐらいの段階に到達するには、クリニックの脱毛で5~6回、エステサロンの脱毛で12~15回程度の施術が必要です。

最後の1本まで完璧になくなったら

どうしても残ってしまう薄い産毛を除いて、それ以外の目立つ毛は完全に消去してやるっ というスタンスです。完璧主義の方や、美意識がすさまじく高い方だとこうなります。

ほとんど毛が生えてこなくなったな~という段階からさらに施術を重ねていくことになりますが、最後の方になるとほんの数本生えてくる程度なので、普通の脱毛プランではかなり損。

エステサロンやクリニックでは「ワンショット脱毛」と言って、脱毛機の照射の1発あたりいくら、という形でメニューを作っているところもあります。
(例:ワンショット500円、など)

標準コースが終わったら、このワンショット脱毛でまだしばらく通うことになります。ただ、本当に最後の1本まで処理しようと思うと、結局何年も通い続けることにもなります。たまに行くだけなので大した頻度ではありませんが、それでも時間とお金を脱毛に使う日々が続くわけですね。

おすすめは「ほとんど毛が生えてこなくなったら」

脱毛のやめどきとして最もおすすめなのは、「ほとんど毛が生えてこなくなったら」という段階です。この段階は、エステサロンやクリニックとしても「脱毛終わりましたね」と言える段階。エステサロンやクリニックで勧めている施術回数も、ほとんど毛が生えてこなくなってくるという状態を前提に設定されています。

せっかく脱毛に通ったのに、まだ自己処理が必要な状態でやめてしまう、というのはもったいないです。自己処理は楽になっても、やり続ける以上はやっぱり手間もかかります。

かと言って、「最後の1本まで全部抜いたるで!!」と鼻息荒くするのもおすすめしません。キリが無いからです。最後の1本までトコトン脱毛しようと頑張っても、たとえ「もうこれで完璧!」と思っても、忘れたころにひょっこり生えてくることも珍しくありません。最後の1本まで処理したいという場合は、生えてきた毛を見つけるたびにワンショット脱毛に行くか、もしくはニードル脱毛で処理してもらう、ということになります。

でも、だらだらと少しずつ生えてくるものなので本当にキリがなく、最終的にはうんざりするはずです。

「ちょっと生えてきたところぐらいは自己処理して、普段は自己処理いらず」の状態がもっとも快適かつお金もかかりすぎない段階。

もちろん、人によって「ここまで脱毛したい!」という考え方は違うと思いますし、「腕は多少残っていてもいいけどVラインは完璧にしたい」など、部位によっても考え方は変わってくるでしょう。

脱毛に通うときは、自分がどれぐらいのレベルまで脱毛したいのかを考えた上で、ちょうどいい回数の契約をしてくださいね。