ステロイド外用薬を塗る女性
ステロイド剤を使用している人は、エステサロンやクリニックで脱毛の施術を受けることはできるのでしょうか? 
ステロイド剤を使っている人は意外と多く、こうした疑問を持つ人も少なくありません。

ここでは、ステロイド剤が光脱毛や医療レーザー脱毛に対してどのような影響があるのか、また、エステサロンやクリニックではどのような対応をしているのかをまとめています。

ステロイド剤の脱毛への影響

「ステロイド」とは、副腎から作られる副腎皮質ホルモンのことです。「ステロイドは怖い!」なんて言われることもありますが、実はわたしたちが体で作りだしているホルモンのことだったんですね。

さて、ステロイド剤にはアトピー性皮膚炎の方などが皮膚に塗る外用薬や、リウマチなどの治療で使用する内服薬(プレドニンなど)があります。ステロイド剤というのは「副腎皮質ホルモン」と類似した働きをする薬のことで、意外と身近にあります。

ステロイド剤を使用している人がクリニックやエステサロンの脱毛を受けた場合、このような影響が心配されています。

影響1:感染症になる恐れ
ステロイドを服用していると、免疫力が低下します。そのため普通の人よりも感染症を起こしやすくなるリスクがあります。脱毛をすると多少は肌に刺激がありますし、その刺激を受けて肌が過剰に反応すると、肌荒れが悪化したり、雑菌が入り込むことによって炎症を起こすなどの危険があります。

影響2:色素沈着・ヤケドを起こす恐れ
ステロイド剤は光を吸収しやすい性質があるため、脱毛時の光・レーザーに過剰に反応してしまうリスクがあります。その結果、ヤケドしてしまったり色素沈着を起こしてしまう可能性があります。

影響3:脱毛の効果が期待できない可能性
ステロイド剤を使用していると、多毛化することがあります。外用薬(塗り薬)の場合はステロイドを塗布している患部の毛が濃くなることがあり、内服薬(飲み薬)の場合は全身に多毛化の症状が出ることも。脱毛をしても、多毛化してしまっては効果が見えにくくなります。

ステロイドを利用している人への対応

腕のかゆみが気になる女性
では、エステサロンやクリニックでは、ステロイド剤を使用している人は脱毛できないのでしょうか? 対応はお店ごとに異なりますが、大きく分けるとエステサロンとクリニックでは対応の傾向が分かれます。

エステサロンのステロイド剤への対応

多くのエステサロンでは、ステロイド剤を使用中は脱毛ができません。どうしても光脱毛をしたいのであれば、ステロイド剤の使用を中止する必要があります。エステサロンによって異なりますが、たとえば「内服薬は中止から1か月以上、外用薬は中止から2週間以上期間が空いていれば施術可能」などと決められているところもあります。

ただ、治療のためにステロイド剤を使用しているのですから、脱毛のために薬の使用を中止すべきではありません。治療が終わり、ステロイド剤が不要になってから脱毛を始めた方が良いでしょう。

一方、ステロイド剤を使用中であっても「医師の許可があれば可能」としているエステサロンもあります。具体的には、エステサロン所定の許可証にサインをもらってくるなど、少々面倒な手続きが必要です。かかりつけのお医者さんに相談した上で、脱毛してもOKと言われれば正式に許可をもらい、施術を受けることができます。

もちろん、ステロイド外用薬を使用している人は、脱毛当日、脱毛する部位にはステロイドを塗ってはいけません

クリニックのステロイド剤への対応

エステサロンに比べると、クリニックの方が寛容な対応をしているところが多いです。クリニックの場合、ステロイド剤によるリスクを説明した上で、本人が了承した場合であれば施術してくれます。

リスクというのは色素沈着を起こしやすいとか感染症になりやすいといったことですね。脱毛の施術を受けると毛嚢炎を起こす人もいますが、毛嚢炎になった場合の治りも悪くなります。こういったリスクを許容できるのであれば、クリニックでの脱毛は可能です。

ただし、エステサロンにしろクリニックにしろ、アトピー性皮膚炎などで肌に炎症を起こしている状態では施術できません。軽くカサカサしている程度なら施術してもらえますが、完全に炎症を起こしている場合はまず肌を治してから脱毛の施術を受けましょう。

お肌の状態に配慮しつつ、より安全に脱毛したい方へ

アリシアクリニック

清潔感と高級感のある院内、アフターフォローの充実度で人気の医療脱毛がメインのクリニック。病院の通いにくさや敷居の高さを改善し、面倒で手間のかかる脱毛を全力でサポートしてくれます。

アリシア
リゼクリニック

医療レーザー脱毛後の肌トラブルを完全無料で保証しているクリニック。医師と女性スタッフが2回カウンセリングをするなど、たくさんの施術実績と顧客目線の対応で高評価を得ています。

リゼ
湘南美容外科クリニック

全国に医院があり、通いやすさと大手の安心感で人気のクリニック。料金が比較的手ごろなため、20代前半の方でも通うことができます。ただ、予約はスムーズに取れないことも多いです。

湘南

脱毛が原因で持病が悪化することはある?

ステロイド剤が使用される病気はいろいろありますが、脱毛の施術を受けることによって病気が悪化するかもしれない、という心配もありますよね。

たとえばアトピー性皮膚炎の場合は、脱毛の施術を受けることによって症状が悪化することがあります(経験アリ!)。わたしはアトピー体質ではあるもののほとんど普段症状が無いのですが、肌の調子が少し悪いな、というときに脱毛の施術を受けると、その後しばらく症状が悪化することがありました。肌の状態が悪化すると脱毛に通うのもしばらくお休みしないといけませんから、肌の調子が不安定なときは施術は避けた方が無難です。

また、リウマチなどの膠原病ややネフローゼ症候群などの腎臓系疾患に関しては、脱毛の施術を受けても特に影響はないと考えられています。

ステロイド剤が用いられる病気というのは他にもかなりたくさんありますので、ステロイド剤を使用している人はやはりかかりつけ医に相談された方がいいでしょう。

ステロイドと脱毛の相談をする患者

脱毛クリニックであれば医師によるカウンセリングがあるのである程度相談はできると思いますが、美容クリニックのお医者さんはあなたの病気の専門医では無いので、専門医の話と美容の専門医の話を両方聞いたうえで、脱毛するかどうか決めるのがおすすめですよ。

脱毛クリニックやエステサロンでは、カウンセリングに行くだけなら無料ですし、無理なら契約せずに帰ればいいのですから、自分でも脱毛できるかどうか、まずは相談されてみてはいかがでしょうか?