クーリングオフは、契約後8日以内であれば消費者からの通知によって契約を無かったことにできる、という制度。訪問販売で断わり切れずに高額な契約をしてしまった、という場合に「冷静になってから改めて判断できるように」という目的で利用できる制度です。

エステサロンでの脱毛契約もクーリングオフの対象ですが、実は、美容クリニックでの脱毛契約に関しては、クーリングオフの対象となりません。

クーリングオフも解約もできない!?

クーリングオフの基本は、あくまでも訪問販売やキャッチセールスのように、「契約するつもりが無いのに急に話しかけられて、高額の商品を買うことになってしまった」といった場合の救済措置のようなものです。

エステサロンの場合は向こうから家に来たり道端で声をかけられるとは限りませんが、「体験コースだけのつもりが長時間拘束されて契約させらてしまった」といった事例もあるため、クーリングオフの対象になっています。

ところが、美容クリニックの場合はあくまでも医療機関であるということで、クーリングオフの対象にはなっていません。

※医療機関は法的な拘束はないものの、独自にクーリングオフ制度を実施しているクリニックはあります。契約書類にクーリングオフについての説明があればクーリングオフできるので、その場合はクーリングオフ通知書を送付しましょう。

しかも、ネットを調べれば「脱毛クリニックの契約は解約もできない」という情報が! ということは、50万円の契約をしたとしても、途中で解約することはできないのでしょうか?

「解約もできないなんてことある?」と疑いたくなりますが、本当に、解約できないクリニックもあるんです……。

解約についての取り決めが無い場合は注意!

クリニックで脱毛するときにももちろん契約書を交わしますが、契約書類の中に解約に関する取り決めが記載されていない場合は注意が必要です。

記載されていないということは、もし途中解約をしたいと思って相談しても、「応じられない」、「返金はできない」と言われてしまう可能性もあるということです。

とは言え、高額な契約をしている場合は特に、返金してもらえないというのはひどすぎますよね。クリニックが解約に応じてくれない場合は、行政書士や弁護士を通して法的な手段をとる……ということは可能です。もちろん別途費用がかかってしまいますし、法律のプロに頼んだからと言ってうまくいくとも限りませんが、なにもせず泣き寝入りするよりはマシでしょう。

途中解約OKのクリニックを選ぼう

大手美容クリニックの場合は特に、中途解約に関する取り決めがきちんと契約書類に記載されており、契約時に口頭でも説明してくれるところが多いです。

途中解約は返金保証を謳っているクリニックであれば、クーリングオフはできなくても解約はできるので、安心して契約できますね。

ただ、途中解約ができるクリニックの中には、手数料がかかるところもあります。振込手数料ぐらいであればこちらで負担してもいいですが、それ以外の「事務手数料」などといった名目で多めのお金をとられることもあります。

また、1回以上施術を受けている場合はその代金が差し引かれますが、契約時の料金(キャンペーン価格など)ではなく、通常料金が基準となるため思っていたよりも多い金額が引かれてしまうこともあります。

途中解約ができるクリニックでも振込手数料ぐらいしかかからないところであれば、クーリングオフできなくてもほぼ全額取り戻すことができますが、そうでない場合は全額の返金はのぞめません。

契約する前に、途中解約についての取り決めを確認し、きちんと全額返金が保証されているのかどうか、分かってから契約するようにしましょう。

もし、契約しようとしているクリニックで「途中解約できますよ」と口頭で言われたとしても、書類に記載されていない場合は書類を発行してもらうよう依頼し、もし対応してもらえないならそのクリニックで契約するのはやめておいた方がいいでしょう。

クーリングオフであればこちらがクーリングオフ通知書を送るだけで解約が成立するので気が楽ですが、クリニックではクーリングオフが適用されないため、自分でしっかり信頼できるクリニックを見つけてくださいね。