• トップページ
  • ブラウンのシルク・エピル(女性用シェーバー)ってどう?

ブラウンのシルク・エピル(女性用シェーバー)ってどう?

ブラウンの「シルク・エピル」レディースシェーバーLS5140R【※上の写真はLS5140Rホワイト。LS5160Rピンクとは機能が同じで色違い】

「電気シェーバーって、いろいろあるけど実際どうなの!?」

と、購入をためらっている人も多いのではないでしょうか? 高いものではないけれど、カミソリに比べれば高いし、ちゃんと剃れるのか、不安もありますよね。

そんな人におすすめしたいのが、ブラウンのシルク・エピル(LS5160RピンクとLS5140Rホワイトの違いはカラーのみ)です。

シルク・エピルならキレイに剃れる

足の甲・指にシルク・エピルを使う女性【※上の写真はLS5140Rホワイト。LS5160Rピンクとは機能が同じで色違い】

ブラウンと言えば、男性用シェーバーで有名。うちのダーリンも使っているよ。
そんなブラウン、女性用シェーバーもいろいろ販売しています。

現在、ブラウンから販売されている女性用シェーバーの定番が、このシルク・エピルなんです。

ブラウンのシェーバーは深剃りが得意で、他の安物のシェーバーよりも、しっかりムダ毛を深くまで剃ってくれます(※上の写真は足の甲・指付近に当てています)。

カミソリと比べると……?

「カミソリの方がキレイに剃れる」と思っている人も多いと思います。それは、わたしも思います。カミソリの方が、やっぱりキレイに剃るという点では優れています。

ただ、カミソリはしっかりムダ毛を剃る分、肌の表面までしっかり削り取ってくれちゃいますはじめは全然問題なくても、長年カミソリでの自己処理を続けていると、肌の黒ずみや乾燥、ガサガサなど必ず問題が出てくるんです。

一方、電気シェーバーの場合、肌を傷つけることはありません。

肝心のムダ毛の仕上がりに関しても、腕とか脚ぐらいのレベルの濃さなら問題はないです。

強いて言うなら、Vラインみたいに濃いムダ毛だと、剃り終わったあとがポツポツ目立ちやすいかな(ま、Vラインだとカミソリでも剃り跡目立ちますが)。

ひざにシルク・エピルを使う女性【※上の写真はLS5140Rホワイト。LS5160Rピンクとは機能が同じで色違い】

基本的にわたしは脱毛推進派なので、脱毛前のシェービング用とか、脱毛が完了するまでの自己処理の方法として、電気シェーバーをおすすめしております。

>>LS5140Rはこちら<<

(※LS5140Rホワイトが売り切れている((+_+))場合は、色違いのLS5160Rピンクにしましょう)

ブラウンのシルク・エピルは3種類!

ブラウンのシルク・エピル、3つの機種があり、違いは以下の比較表をご覧ください。

LS5140R
カラー:ホワイト
【付属品】
・スピードシェービングキャップ
・掃除用ブラシ
・トリミングコーム
・テスト用電池単3×2本
【水洗い】○
【お風呂での使用】○
【替え刃】○
【重量(キャップ無し、電池含む)】178g
LS5160R
カラー:ピンク
【付属品】
・スピードシェービングキャップ
・掃除用ブラシ
・トリミングコーム
・テスト用電池単3×2本
【水洗い】○
【お風呂での使用】○
【替え刃】○
【重量(キャップ無し、電池含む)】178g
LS5500R
カラー:ブルー
【付属品】
・スピードシェービングキャップ
・掃除用ブラシ
・ポーチ
・電源コード
【水洗い】ヘッド部分のみOK
【お風呂での使用】○(※水濡れ不可)
【替え刃】○
【重量(キャップ無し、電池含む)】165g

実は「LS5140R」と「LS5160R」は、色が違うだけでその他はまったく同じです。

いずれも電池式のボディ用シェーバーで、防水加工なのでお風呂でもお部屋でも使用できます。

一方、LS5500Rは充電交流式。フル充電で連続45分間使えて、充電しながらでも使用できます。

ブラウンの「シルク・エピル」レディースシェーバーLS5500R【※上の写真はLS5500Rブルー】

ブラウンの「シルク・エピル」レディースシェーバーLS5500Rを充電中【※上の写真はLS5500Rブルー】

LS5500Rもお風呂での使用はできて少しぐらい濡れても大丈夫ですが、充電口部分が濡れてしまうと故障の原因になります。

基本的には、浴室に入ってすぐ使い、使用後は洗面所に出しておくのが良いでしょう。

>>LS5500Rはこちら<<

替え刃やアタッチメントは購入可能

いずれの型番でも、ヘッド部分や外刃(網刃)と内刃は共通です。

また、LS5500Rにはトリミングコームアタッチメントが付属しませんが、必要であれば購入することもできます。

他にも角質ケアのアタッチメントなどもありますよ。

一部Amazonで購入できるものもありますが、基本的には販売店での注文販売となります。

ブラウンのシェーバーを取り扱っている家電量販店などに行き品番を伝えれば取り寄せてもらえますよ。

剃る以外の使い方もできるシルク・エピル

ブラウンのシルク・エピルのうち、LS5140RとLS5160Rには、2種類のアタッチメントが付いています。

シルク・エピルのカバー【※上の写真はLS5160Rピンク。LS5140Rホワイトとは機能が同じで色違い】

1つは、シェービング用です。
シェービング用のアタッチメントをつけて、本体のスイッチを右側(シェービング用)へ。これで、ボディのシェービングができる状態になります。

シルク・エピルのトリミング用【※上の写真はLS5160Rピンク。LS5140Rホワイトとは機能が同じで色違い】

もう1つは、トリミング用です。
トリミング用アタッチメントを付けて、本体のスイッチを左側(トリミング用)へ。ここで言うトリミングというのは、ワンちゃんの毛をトリミングするのと同じで、要は「カットして整える」ってことです。

そう、われわれ女性の体には、「剃るわけにはいかないかけど野放しにしておくことはできない場所」があるじゃないですか。Vラインですよ。

Vラインのムダ毛、下着からはみ出しちゃうような部分はしっかり剃って脱毛するけど、下着で隠れてる部分ってけっこう脱毛せずに残すのがスタンダードですよね!

でも、完全に野放しにしてしまうとムダ毛が長すぎて下着の中で絡まるとか、変なクセが付いちゃって脱いだとき恥ずかしいとかの諸問題があります。

トリミング用アタッチメントを使ってトリミングすると、Vラインのアンダーヘアをいい感じの長さに切りそろえることができるので、見た目も良く、下着の中も蒸れにくくなって衛生的なのであります!

Vラインは脱毛すりゃいいってもんではなく、残しておく部分の毛もきちんとお手入れが必要。

ハサミで地道にカットしている人もおられるかと思いますが、時間はかかるし肩凝るし、シルク・エピル使ってトリミングした方が仕上がりもキレイなので、「トリミング用アタッチメント」はしっかり活用していきましょう。

>>LS5160Rはこちら<<

脱毛用にも普段使いにも使える

ブラウン(LS5140R)のシェーバーセット内容【※上の写真はLS5140Rホワイト。LS5160Rピンクとは機能が同じで色違い】

わたしがブラウンのシェーバーを購入したのは、脱毛を始めるよりもずっと前のことでした。

肌が敏感なためカミソリではたまに負けてしまうことがあったのと、「カミソリって使い捨てだからもったいないなぁ」と思ったのがきっかけ。

ちなみに、それまではずっとジレットのVenus使ってました。あれ、安いカミソリに比べたらすっごくいいんですけど、値段を考えるともったいなくないですか?

替刃はこまめに替えないといけないし、1個1個は安くても、トータルで考えると10万以上はVenusに使ってるんじゃないかという気さえする。

ブラウンでお手軽なムダ毛処理【※上の写真はLS5140Rホワイト。LS5160Rピンクとは機能が同じで色違い】

ブラウンのシルク・エピルは、価格がお財布に優しいのもポイント。

高いのはもちろん憧れるけど、値段が2倍になったからと言って仕上がりが2倍キレイになるわけでもないしね。

剃り心地も良くて肌に傷が付いたことなんてないし、よほどの剛毛でない限りは、脱毛してなくてもとりあえずシルク・エピルで剃っておけばムダ毛が目立つということはないです(ま、こまめに剃るのが面倒だから脱毛する人が多いんですけどね)。

脱毛に通う場合でも事前のシェービングは肌に優しいシルク・エピルが便利ですし、シェーバーの持参が必要なお店の場合も、これを持参すれば基本的に間違いないです(たまに、シェーバーの種類を品番まで指定してくるお店もあるので注意!)。

女性用シェーバーの中では、このシルク・エピルがダントツでおすすめ。顔とデリケートゾーン以外の全身に使えるので、持っておくと便利ですよ~。